脱毛機関の違い

医療脱毛についてより詳しく紹介します。先程も、脱毛を依頼することができるプロとしてサロンやクリニックがあると述べました。医療脱毛と言うのは、後者であるクリニックでのみ行うことができるもので、サロンでは行うことができません。それでは、サロンでの脱毛とクリニックでの脱毛にはどのような違いがあるのでしょうか。

最も大きな違いとなるのが、「永久脱毛」が可能であるかどうかという点です。サロンで行う脱毛というのは、基本的に永久脱毛ではありません。半永久脱毛というように銘打たれる場合が多く、実際には永久脱毛に近い効果が得られる場合が多いものの、確実に永久脱毛となるものではないのがポイントです。対してクリニックで行われる脱毛は永久脱毛となります。

では、何故このような違いが発生することになるのでしょうか。その理由は、医師免許がなければ永久脱毛を行うことができないためです。脱毛クリニックは医師免許を持っている医師によって施術が行われるようになっているため、毛母細胞を破壊する永久脱毛を行うことができますが、サロンではそれを行うことができません。これは、永久脱毛を行う場合、肌に対してリスクが発生する可能性があるためです。

 

脱毛のリスクにも対応

永久脱毛を行う場合のリスクについて簡単に紹介します。これについて説明するためには、永久脱毛がどのような方法で行われるものなのか、ということについて説明する必要があります。

永久脱毛は利用するクリニックによって違いがある場合もありますが、多くの場合レーザー脱毛という方法で行われるようになっています。レーザー脱毛は、脱毛したい箇所に対して特殊なレーザーを照射することで脱毛が行われます。このレーザーにはメラニン色素、つまり黒色の色素を刺激して加熱するという作用があります。これによって毛穴に残っている毛根を加熱し、密着している毛母細胞を破壊することによって脱毛が行われる仕組みです。

この医療用レーザーはあくまでも毛根だけでなく、メラニン色素に対して反応してしまう仕組みです。そのため、場合によっては肌に含まれているメラニン色素の方に反応してしまい、火傷のような症状を引き起こしてしまう場合がある、というのがリスクとなります。

ただ、クリニックの場合には施術を行っているのが医師であるため、万が一トラブルが発生した場合でもすぐケアを行うことができ、その影響を押しとどめる事ができるのが安心して利用できるポイントとなります。